06 «  2017 / 07  » 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
毛づくろい 
 2007/10/22 Mon 00:00:01  Edit
猫の毛繕い(グルーミング)には様々な意味がある。
猫の毛繕いの目的は、第一に体温調節。(猫は足の裏にしか汗腺がない)
人間のように全身に汗腺のない猫は、夏の暑い日は、体内に熱がこもらないように、熱を発散するために毛をなめる。体の表面を唾液で濡らし蒸発させることで、体を冷やす。
逆に寒いときには、毛をきれいにして断熱効果を高める。毛が汚れていると、隙間ができて寒さが染みるようになるらしい。そして、日光に当たって体毛にできるビタミンDを、毛をなめることで口から摂取する。
また、人に触られると、そこをなめて匂いを消そうとすることがある。これは、自分の体に異質の匂いがつくのを嫌うため。
猫は匂いがほとんどしない動物である。本来単独で狩りをする猫は、物陰に隠れ、忍び足で獲物に近づいてハンティングするのが本来の姿。匂いが敵に気づかれてはまずいのである。だから、本能的に異質の匂いを消そうとするのだろう。

グルーミングは熱心に(だって猫だもん)

またそれとは別に、猫は、怒られたときや、何か急な変化についていけないときなどに、いきなり体をなめ始めることがある。これは、戸惑いの気持ちを紛らわせるためであると言われている。
デズモンド・モリス(動物学者) によると、「転位グルーミング」と言うらしい。人間も、ワケの分からない状況に直面したときに、思わず頭に手をやったり、髪の毛をかきむしったりするのと同じで、困惑の気持ちの表れであるらしい。
一般的には、オス猫よりもメス猫のほうが毛繕いも熱心、なんてことを言われているが、私が見たところ、そうとも限らない気がする。オスの来夢の方が、メスのリブよりずっと熱心に毛繕いしていた。以前いた隣家の三毛猫(当然メス猫)も、全然頓着しない猫だったな?。人と同じで、おしゃれなタイプと無頓着なやつといるのかもね?(たぶん)(笑) 


(neko zatugaku9--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
猫が鳴くとき 
 2007/10/21 Sun 00:00:00  Edit


猫の声を文字にするとしたら、普通、「ニャー」とか「ミャー」である。大抵の人は、猫の鳴き声はそれだと思っている。でもこれは、「人に話しかけるときだけ」なのである。猫どうしでは、決してこんな鳴き方はしない。
猫は、仔猫時代はミーミーとよく鳴くものだ。これは母猫に対して、「アタシはここにいるよ。ちゃんと面倒みてちょうだいね」と、自分の存在を主張する為であると、ものの本には書いてある。
ミーミー鳴いて喉をゴロゴロ鳴らすことは、生まれもった本能の一部であり、保護者への依存の証。母猫もまた、それを頼りに子育てをするわけだ。
生粋の野良猫や野生の猫は、この時期を過ぎ、母猫から独立してしまうと、普段は声を発しない無口な大人になる。声を出すのは喧嘩と発情期のときくらいで、それ以外では、まず声を出したりしない。それが猫本来の姿である。
野良猫でも、人に向かってニャーと話しかける猫は、一度は飼い猫だったと思ってもいいと、ある獣医さんが言っていた。

za_naku2.gif

そしてその鳴き方もまた、いろいろなバリエーションに富んでいる。猫の鳴き方が、相手によって変わること、状況に応じて違うことは、長く猫と暮らしているとだんだん分かってくると思う。専門家によると、鳴き方の種類は犬よりも多く、百通りほどもあるそうだ。
来夢は、大好きな彼女が来ると、それは甘い声を出して迎えたものだ。そんなときは、喉の奥から「グルグルッ」という鳩のような声を出す。発情期には、「ア?オ」とか「ナ?オ」というような鳴き方をして落ち着きがなくなったものだ。
怒ったり威嚇したりするときは、「シャーッ」とか「ハーッ」などと、蛇に似た声を出す。喧嘩するときはまず、「オ?ワ?ッ!」(というふうに私には聞こえる)と叫び合って、しばらく睨み合いが続く。
いつだったか、来夢が喧嘩相手と「ウーッ」と睨み合っているときに、後ろからひょいと抱き上げたことがある。(もちろん、喧嘩を止めさせる為だ) 急に止めさせられたのに、来夢は私の顔を見て、ニャーと鳴いた。私に対してはやっぱり、「ニャー」なのである。猫の喉は七変化する。

za_naku3.gif


数千年前、猫が人に飼われるようになったとき、それまでは仔猫時代にしか使わなかった言葉を、猫は人とのコミュニケーションに使うようになった。自然にそうなったのだろう。もともと猫に備わっている母親への意思表示の手段だから、自分の面倒をみてくれる人間に対して、飼い猫はいつまでも仔猫の気分を残し、自分の気持ちを訴える手段として使うのだろう。おしゃべりしようと思って鳴くのではなく、多分、そのときの気持ちが思わず声になって出てしまう、ということらしい。
しかし、飼い猫もさまざまで、人の顔さえ見ればニャーニャー鳴きまくるやつもいるいし、あまり鳴かない猫もいる。これも性格かもしれない。人間にも、無口なやつもいるしおしゃべりなやつもいるものだ。うちの猫はあまり鳴かない無口タイプである。


■アイコン: ねこのおしごと


(neko zatugaku8--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  6 コメント  
真空行動 
 2007/10/13 Sat 00:00:00  Edit


飼い猫は、突然興奮したように暴れ出すことがある。これは一種の空騒ぎのようなものらしい。うちの猫の場合、それを始めるときは、まず爪を研ぐ。「さぁ?、いっちょやるかあ!」という意思表示のつもりだろうと思う。
猫が爪を研ぐのは、爪の手入れの為だけではなくさまざまな意味がある。これはやる気満々の証であり、元気な証拠でもある。ここは自分の縄張りだという主張でもあり、自分の匂い付けをするという意味もある。そして嬉しいときも彼らは爪を研ぐものだ。
私が外から帰宅すると、リブは玄関に迎えにきてくれるが、その後必ず爪研ぎのところにとんで行って、嬉しそうに爪を研ぐ。これは、喜びの表現だと思っている。それを見ると、こちらも嬉しい。病気のときや沈んでいるとき、体力がない老猫などは、まず爪研ぎはしないものだ。
そして、若くて元気な猫たちは、これから暴れるぞ?、なんていうときも、爪研ぎから始めるものである。猫たちのこの行動は、“真空行動”と呼ばれるものである。

za_sinku2.gif

こんなことをするのは飼い猫に限られるかもしれない。これはつまり、時間的・環境的、また心理的に余裕のある飼い猫だけの遊びなのである。
人間に頼らずに生きている野良や野生の猫は、自分で獲物を仕留め、自分で敵から身を守り、自分の縄張りを守らなければならず、始終緊張を強いられている。野良や野生の猫たちは、生きているその一瞬一瞬がサバイバルなのである。
人間に守られている猫は、安心で安全な環境の中にいて、「食う・寝る・遊ぶ」以外にすることがない。獲物を獲る必要もなく、いつ敵に襲われるかとビクビクすることもなく、ただゴロゴロしていればいい。
本来、猫は狩りをする動物である。昔なら、飼い猫でもネズミを獲るという仕事が与えられていることが多かったし、室内飼いなどされている猫はいなかった。外へ出れば刺激があるし、彼らの本能は適度に満たされていた。
それに比べて、室内飼いの現代の猫たちは、何もすることがなく、若い猫ほどエネルギーを持て余す。つまり、特にすることもなくエネルギーが溜まってきて飽和状態になると、突如としてそれが爆発するようである。
だから、完全室内飼いの猫ほどこの回数は増え、ある程度外に出ている猫は少ない。外出自由にさせていれば、外の状況を知ることで得られるスリルがあり緊張感もある。外に出ることによってある程度エネルギーを消耗するのだろう。

za_sinku3.gif


猫には散歩の必要はないけれど、室内飼いしているのなら、少なくとも1日に1回、たっぷり時間をとって充分に遊ばせてやることが必要だと思う。何も刺激がない狭い家の中だけでは、猫だって退屈する。複数飼いなら、猫どうしで遊ぶのだろうが、1匹の場合、人間が相手してやるしかない。室内猫は1日じゅうヒマで、時間があり余っているのである。
でも、猫が遊んでほしそうなとき、いつも相手してやれるとは限らない。こちらがその気になって遊ぼうと誘うと、「今、忙しい」みたいな顔をして知らん振りしてくれるし…。そのくせ、何がきっかけになるのかわからないが、自分がその気になると暴れ始める。暴れると言ってもドタドタ走り回るだけで、可愛いものだが…。
「さぁ、いっちょやるかあぁ?!」てな感じで、バリバリと頼もしい音をさせて爪研ぎすると、目をらんらんと輝かせて楽しそうに走り回る。たいていは、夜中近くの時間帯が一番多いと思う。複数飼っているお宅などは、猫の大運動会に悩まされたりするかもしれない。

■アイコン: ねこのおしごと


(neko zatugaku7--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
猫の換毛期 
 2007/10/09 Tue 00:00:33  Edit
猫は年中毛が生え替わっているけれど、1年で最も抜け毛の多い換毛期は春。そして春に次いで多いのは秋である。これから、抜け毛の時期到来だ。
猫の毛皮は外から見えるだけではなく、冬の間、寒さから体を守るために、アンダーコートと呼ばれる、外側の毛の半分くらいの長さの毛が下毛となってびっしりと生える。冬は二重の毛皮になるわけである。
これが、暖かくなって必要がなくなると、少しずつ抜けていく。だから、春先から初夏にかけて、猫の抜け毛は増える。この毛は、寒さに備えて涼しくなる頃から生え始める。秋は第2の換毛期で、春ほどではないが、やはり抜け毛が多い時期である。

よくできたもので、これは住む環境によって調整されるようだ。毛の抜け替わりのサイクルは、温度と日光の量に強く影響を受ける。暖かい場所に住む猫はこの下毛は少なく、寒い場所に住む猫は多量に生える。もちろん同じ地域でも、家の中で暮らす猫と年じゅう外で暮らす野良猫は、冬毛の量も違ってくるわけだ。
それまで北国に住んでいた猫が南国に移った場合(あるいは逆の場合)も、冬毛の量は、ちゃんと調整されるというから、実によくできている。

毛づくろい中…
▲グルーミングは熱心に…

しかし、よくできていると感心している場合ではない。特に、室内飼い&多頭飼い、そして長毛さんがいる方は要注意。きちんと処理をしないと、家中に猫の抜け毛が乱舞することになる。これは、猫自身にも人の体にも、そして電化製品にも、甚だよろしくない。
換毛期でなくても、猫は年じゅう体を舐めているが、当然、抜け毛が口から体内に入る。その毛が胃の中に溜まってくると、それを吐いて外に出すことができるようになっている。でも換毛期は、抜け毛の量がハンパじゃないから、普段より大量の毛を飲み込むことになる。
胃の中に毛が溜まっているのに吐き出せない状態が起こることがある。
この“毛球症”(胃の中に毛玉ができる)は、場合によっては深刻な事態にもなりかねない。特に長毛種は要注意。
猫の体に余計な負担をかけないためにも、家じゅうに猫毛埃が舞い散らないためにも、普段から念入りなブラッシングを心がけよう。

■“毛球症”についての参考ページ → 毛球症


(neko zatugaku6--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
猫が爪を研ぐとき 
 2007/10/08 Mon 00:00:00  Edit
爪の殻
▲猫の爪の抜け殻。。。
猫を飼っているお宅なら、お馴染みのはず…。時には、爪そのものがはずれたのかと思うくらい大きいのもあって、慌ててリブの爪を全部確認したりする。そういうのって、うちだけ…?(^^;

猫の爪研ぎは、包丁を研ぐように爪を磨いて尖らせるわけではない。研ぐことで爪の表面を落とし、その下から新しい爪が出やすくなるようにしているのである。そのとき落とされた殻が上の画像(↑)
猫にとって爪は大事な武器。爪研ぎは習性であり本能的なものだから、やめさせることはできない。彼らは爪を研ぎたくなると、お気に入りの場所でバリバリと爪を研ぐ。研がないと新しいのが出にくくなるので、おそらく、爪がムズムズするのだろう。
彼らが爪を研ぐ様子を見ていると、義務でやっている感じではない。明らかに、嬉しくてやっている、やりたいからやるという感じである。

z01.gif

そして、爪の表面を落とすという実用面とは違う意味でもまた、猫は爪を研ぐものだ。それは嬉しいときの感情表現としても使われる。
リブは、私が帰宅すると、爪研ぎのところへ走って行ってバリバリと爪を研ぐ。喜んでいるのが分かる瞬間である。お腹いっぱいになって満足したときもバリバリ。張り切って嬉しそうに研いでいるのが分かる。
出入り自由にしていた来夢は、これから外にパトロールに出かけるとき、気合いを入れるようにバリバリと元気に爪を研いでから出かけたものだ。それはまた、彼らの元気のバロメーターでもある。
爪研ぎをやるのは元気な証であり、やる気のある証拠でもある。元気がないとき、弱っているとき、猫は爪研ぎはしない。若い猫ほどよくやるものだし、老いて体が弱ってくるとあまりしなくなるものである。

いろいろなタイプの爪研ぎ器が市販されているので、そういうのを与えて、仔猫のうちにきちんとしつけていれば、家じゅうの柱や壁で爪を研いで困る、ということにはならない……はずだ(たぶん)。
うちの場合は、爪研ぎをどうやって躾けようかと思っているうちに、猫の方で勝手にお気に入りのモノを見つけてそれを使用するようになった。意外にも、うちの猫は風呂場の足マットがお気に召したようなので、それをそのまま爪研ぎ器として今も使っている。幸いなことに、壁や床やフスマでは爪研ぎしないので助かっている。
爪研ぎの素材は、猫によって好みがあるようだ。要は、そのコの気に入る素材を用意してあげれば、壁などに傷をつけたりはしない…と思う。
もしもお宅の猫ちゃんが、高価な革張りの椅子を気に入ってしまって、そればかりで爪研ぎするというのなら、いっそのこと、その椅子を爪研ぎ用として進呈してあげよう。やめさせるより、その方が手っ取り早い(笑)


(neko zatugaku5--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
猫の聴覚 
 2007/10/07 Sun 00:00:00  Edit
猫の耳はパラポラアンテナである。猫は人間よりもはるかに耳がいい。意外なことだが、犬よりも耳がいいのである。猫の聴力は哺乳類の中でもトップクラス。人間が2万ヘルツ、犬が4万ヘルツに対し、猫は6万ヘルツ(10万ヘルツとも言われる)の高周波を聞き取ることができる。
猫の耳は、音源の位置さえも正確に察知する機能があるそうだ。顔は向こうを向いていても耳だけがクルクルと動いて、音源を確認しているのがわかる。寝たふりをしていても、人の話し声の方に耳がピクピクと動いたりする。彼らの耳は、常にフル活動する情報収集アンテナでもある。
昆虫の這う音も聞き取れる高性能の猫の耳は、カサっとかすかな音がしただけでも、その音源の位置、そこまでの距離を瞬時に読み取って、しかるべき狩りの行動に出られるようにできている。猫はこれを聞き取り聞き分けて、獲物を狙う。
これが犬になると、音がすればただ音のした方に走る。走って走って獲物を追い詰める。犬は、足で勝負するハンティングである。

猫の耳はパラボラアンテナ
猫の耳はクルクルとよく動く。。。

キャットフードの袋をガサっといわせただけで、また缶詰を開ける音をさせただけで、いつの間にか、目の前に猫が来ている……なんてことは、猫飼いなら、誰でも経験したことがあるはず。寝ていると思って猫の悪口を言っていると、彼らの耳はしっかりそれを聞き取っていて、すねたりする。(ホンマか?)
それに、猫の耳の動きは感情の表現でもある。猫をよく知るようになると、耳のかっこを見ただけでも、猫の気持ちの微妙な動きが、漠然とながらわかるようになる(たぶん…)

[Memo]***********************
本来、野生で暮らす上では非常に役に立つ高性能の耳だが、人間と一緒に暮らす猫には考えもので、何かとうるさい思いをしているだろうと思う。我々にはどうってことないような音でも、猫にはとんでもない大音響になっているかもしれない。気をつけてあげよう。
特に、食事の場所には注意。猫が安心して落ち着いてフードを食べることのできる環境を整えてあげたい。もしも冷蔵庫の側だったら、できたら場所を替えてあげてほしい。
人間はあまり気がつかないが、冷蔵庫は特に音がうるさい電化製品で、猫は相当なストレスにさらされることになる。冷蔵庫の側にエサ場があった猫が、血糖値が上がって糖尿病予備軍になったという例もあり、場所を替えただけで血糖値が下がったそうだ。ストレスにさらられ続けると、猫は糖尿病になりやすくなる。
食事の場所、トイレの場所、ベッドの場所――いろんな面において、猫の心身の健康のために、静かな落ち着いた環境を心がけてあげよう。


(neko zatugaku4--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
ハチワレ 
 2007/10/05 Fri 00:00:00  Edit
[ハチワレ]とは――つまり、「八割れ」というわけで、
猫の額の上で、「八の字」になった毛模様のこと。

リブ1

通常は、額の真ん中できれいに山形を作り、眉間の中央、上の部分が一番高く、山の裾野が広がるように、線の端がなだらかに下がっていく模様。
うちの猫の場合は、標準的ではなく、ちょっと(いや、だいぶ)ズレているが…。
当然、全ての猫にハチワレがあるわけではなく、毛の模様により、あるコとないコがいるし、形も左右対称のきれいな山形やイビツな形など、いろいろ個性がある。

【yui-booklet】@yuiさんよりご提供いただいた画像(たぶん野良ちゃん)
大きく見事なハチワレ。 大きさといい柄といい、こういうハチワレはちょっとめずらしいかも…。

ノラちゃん


▼以下の2にゃんずは、【花道 / 獣道】@髭梟ちゃん の猫ちゃん。
ルビちゃん。見事にきれ?な左右対称のハチワレ。
ルビちゃん


▼トノくん。これもくっきりはっきりしたきれ?なハチワレ。
ハチワレとは関係ないけど、カゴの縁にかけた両手が可愛い♪
トノくん


▼うちのリブをもう1枚。こういうズレたハチワレも滅多にない…みたい(笑)
リブ2



(neko zatugaku3--yumeneko note)

猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
肉 球 
 2007/10/02 Tue 00:00:30  Edit
猫は、音もさせずに歩きまわることができる。気がつくと、いつの間にか側に来ていてびっくりすることも少なくない。 その秘密はこの肉球にある。

にくきう

正式には、4つの指に当たる部分にあるものを、[指球]、手の平に当たるものを、[掌球]という。これは脂肪がかたまって発達したもので、やわらかなクッションの役目を果たす。このクッション付きの足と柔軟な足の骨のおかげで、猫は音もたてずに忍び歩くことができる。また、高いところから飛び降りて着地するときも、この肉球が衝撃を吸収してくれるというスグレモノである。
肉球は、その猫の生活を物語る。うちの猫は外に出さないので、きれいなプニプニの肉球だが、外に出入り自由だった前の猫の肉球はもっとゴツゴツしていた。
しょっちゅう外に出ている猫、ずっと外で暮らす野良猫は、こんなヤワな肉球はしていないと思う。街中に住む猫は特に、アスファルト道路を歩きまわることが多いので、もっとゴツいはず…。

ちなみに、犬の肉球も似たようなものだが、犬は歩くときに、ヒタヒタ…というような音が出る。犬の肉球には、爪を仕舞い込む機能がないので、常に爪が出っぱなしになっている状態。そのため、歩くときに地面に爪が当たって、音が出てしまうのである。猫は、爪を肉球の中に仕舞い込むことができるので、クッションだけで歩くことができ、足音を消すことができる。
猫にとって、爪は大事な武器でもある。出っぱなしになっていては、歩くたびに爪が磨り減って、武器として役に立たなくなる。だから、普段は仕舞っていて、必要なときだけ出すことができるようになっている。


(neko zatugaku2--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。