05 «  2017 / 06  » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
雨の思い出 
 2008/06/10 Tue 19:25:25  Edit
donteruteru_s2.gif

いよいよ雨の季節到来。きょうも午前中はシトシト、午後から土砂降りだった。
『雨の思い出』といってもロマンチックな思い出ではない。雨が続くと今も鮮烈に思い出すことがあるのだ。私は洪水に遭ったことがある。もう十数年も前の話だが…。

1993年という年は、春から異常な気象が続いて雨の日が多かった。いつ梅雨入りしたのか、気象庁でさえもはっきり宣言できなかった。日照時間が不足し、作物は不作。夏になっても雨の日ばかりが続いていた。
そして忘れもしない、その年の8月6日――
それまで何ヶ月も降り続いていた雨のために、あちらこちらの地盤が緩んでいたというのに、その上、あの日の雨は異常だった。長時間止むことなく、不気味に降り続く雨だった…。
その当時、私は会社勤めだったのだが、ちょうど帰宅時間の頃の夕刻時。

紫陽花
雨の季節はやっぱり紫陽花。

雨は、前日から止まずに降り続いていたので、さすがに、ちょっと変だぞ?と思い始めていたのだが…。とにかく、一緒に帰る約束をしていたので、オットの会社に向かって歩いた。
国道を歩いているうちに、平行して流れる川が氾濫した。気がつくと水が膝まできていた。水はものすごい激流になってきて、ふと見ると、自分の横を洗濯機がプカプカと流れて行ったのを覚えている。
なぜに洗濯機?…と思いながら歩いたっけな?(^^;
そしていよいよ、水は私の胸まできた。やばいぞ?と思いながら、水の流れに逆らって歩いた。転んだら流される…と思い、足を踏ん張ったが、木片やら何やらがどんどん流れてきて、足をすくわれそうになる。周りを見渡すと、帰宅ラッシュのはずの国道は海になっていた。大海原にポツンと放り出されたようだった。
近くを黙々と歩いている高校生の男の子が黙って手を差し出してくれたので、とにかくその腕につかまって一緒に歩いた。

消防署のおっちゃんがこっちこっち?と手招きしているのが見えたので、そこへたどり着くと、水のない場所まで誘導してもらい、やっと生き返ったっけ。あの高校生にお礼を言おうと思ったが、もういなかった。(その節はお世話になりました)
そこは、私が脱出した後もどんどん水位が上がり続けて、180cmまで浸かったそうだから、ぐずぐずしていたら、私は完全に溺れていたわけだ。国道が水深180cmの川になるなんて、誰が想像するだろうか。
土砂崩れは数百ヶ所、道路はあちこちで陥没し、街は海となった。国道沿いに停めていたうちの愛車は水没した。怪我人がいても、救急車は走れない。道路はほぼずべて機能不全、電話回線はパンク状態。まるで戦場のようだった。。。
激流に流されてしまった人もいたし、家を失った人たちも多かった。
運命は紙一枚の差…。

雨が続くとあの日のことを今も思い出す、。。。
一時期、雨がトラウマになったかと思ったが、そうでもないかも…。だって、雨ってけっこう好きなんだよね?。静かに降り続ける雨の雫は、心を洗い流すようで、妙に好きであります。凝りてないワタクシ(^^; 


Et Cetera |  -- trackback  |  16 コメント  
コメント
▼この記事へのコメント
すごいお話ですね。想像できるようなできないような(^^;)
日本は災害の多い国だし、誰でも何かの危険はつきものですもんね。
地震の危険もあるし。
関東もいつ大地震がきてもおかしくないと言われてますからね。
考えたってしかたないと開き直ってますが、
でも本当はやっぱりちょと恐い今日この頃です。
実家の親が、関東は危ないから早く帰ってこいとよく言います(^^;)
でもそんな目に遭っても、雨がトラウマになってないライムさんてナニモノ?笑
moe@お休みなさいまた明日来ます♪
2008/06/10 Tue 21:29:56
URL | moe[ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/10 Tue 21:32:07
| [ 編集 ]
うわ…すごかったんですね。
冷静に観察されているのがライムさんらしい気がします。
そんな水位の中、良くぞご無事でした。
ニュースで映像を見るだけでもすごいですが
現実に体験するのは相当だろうな~。
でもできれば体験しないですみたいです…。
2008/06/10 Tue 22:44:36
URL | にんに[ 編集 ]
危機一髪
ライムさ~ん♪
とっても、恐ろしい経験をなさったんですね~。
横を流されている洗濯機が当っていたら、とか
考えると、呼んでいる私のほうが、
ぞーっとしてしまいます。
しかし国道が、深さ180センチの川になるなんて、
今年も雨が多そうですので、
お互いに注意が必要かもしれませんね♪
2008/06/11 Wed 12:31:22
URL | ちょこ[ 編集 ]
すご~い!
ライムさん、こんにちわ~♪
テレビのニュースで見るような経験をしているんですね。
180センチではどこかに流されてしまっていたかもね。

自分の記憶はないのですが、半世紀も昔幼稚園へ行く前くらいの頃ですが家の前が水に浸かったときに(膝くらいまで)、10円札(もっと小さいお金かもしれませんが)を持って駄菓子屋へ行くとダダをこねたとよく親から言われたのを記憶しています。(^m^)うぷぷ
2008/06/11 Wed 16:36:22
URL | みち[ 編集 ]
雨の思い出
ライムさん、こんにちわ♪
すごい経験をなさっているのですね! びっくりしました。
運命は紙一枚の差、本当にそうですね。
ちょっと鳥肌が立ってしまいました^^;
2008/06/11 Wed 18:07:52
URL | ビー[ 編集 ]
★moeちゃんへ
e-266
今思うと、何だか夢の中の出来事だったような気もします(^^;
その現場では、そんなに恐いとも思わなかったのよ。
水が胸のところまで来たとき、生きて帰れないかも…
とちょっと思ったけど、恐怖心というのはなかった
ような気がするな~。
どんな災害も、日本じゅうどこでも遭遇する可能性があるから
恐いよね。地震は特に、最近あちこちで頻発しているし…
親御さんが心配されるのもよく分かるよ。
わはは、ナニモノというほどの者でもないけど(笑)
やっぱり大雨が長時間続くと、ちょっと不安になります(^^;
2008/06/11 Wed 18:17:08
URL | ライム[ 編集 ]
☆☆ちゃんへ
e-266
今は笑い話ですんでるけど、あのときはけっこう大変だったよ。
ま~過ぎてみれば、中々できない貴重な体験をしたと
思って(笑)時々、懐かしく思い出すのよ~。
でも、あまりに大雨だと、ちょと恐いときもあるわ(^^;
2008/06/11 Wed 18:22:23
URL | ライム[ 編集 ]
★にんにさんへ
e-266
あのときは、そんなに恐いとは思わなかったですが、
我ながら(笑)すごい経験でしたね~。
市内の低いところは全て水没して、道路は激流の川に
なってました。壮絶な日でしたよ。
今も、雨が降るたびに思い出します。
こんなことは体験しないに超したことはありません(^^;
災害も事件もない、平穏無事な日常が一番ですね。
最近は、災害の規模も大きくなっているような気がします。
台風、地震、大雨…、いろいろ考えると本当にコワいですね。
2008/06/11 Wed 18:37:30
URL | ライム[ 編集 ]
★ちょこさんへ
e-266
実は、私が歩いていたその現場で、激流に足をとられて
流された人がいるのです。私が洗濯機を見た辺りでした。
その人は後日、9キロほど先の川下で見つかったそうです。
もちろん生きていなかったんですが…
小雨なら平気だし、雨の日は好きなんですが、
長時間土砂降りが続くと、さすがにちょっと不安になります(^^;
お互いに、雨降りの日は注意して、危ないところには
行かないようにしましょうね(笑)
2008/06/11 Wed 18:47:38
URL | ライム[ 編集 ]
★みちさんへ
e-266
↑上のレスでも書きましたが、実際、私の近くで
流された人がいたんですよ~
どんなに泳ぎの上手い人でも、あの激流では、無事に
泳げるとは思えません(^^;

みちさんの小さい頃って、「10円札」があったんですね!
子供って事の重大さが認識できないから、どんなときでも
無邪気~♪(笑)
幼な過ぎてはっきり覚えていなくても、妙に印象に残っていて
断片的なことだけ覚えていたりしますよね(^^;
2008/06/11 Wed 19:02:28
URL | ライム[ 編集 ]
★ビーさんへ
e-266
あまり生々しくならないように、なるだけサラっと書いた
つもりなんだけど、鳥肌モンだったかしらん(^^;
一歩間違えると生還できなかったかもしれないから、
大変なことではあるんだけどね(笑)
今にして思えば、本当に貴重な体験でした(*^^*)
2008/06/11 Wed 19:07:19
URL | ライム[ 編集 ]
あの雨の年
覚えてっど。
あの年は全国的に異常気象酷かったしなぁ。
雨の日が多くて、家中カビだらけになったぜよ。
ほいでそんな洪水になったら、ワシならきっとコケて激流に流されてたと思う。金槌だし* ̄m ̄;;
ライムちゃんはそんな中にいてもあんまり恐そうでないし、
冷静に周囲を観察してるという感じだし、それがすごいと思った。
2008/06/11 Wed 22:12:07
URL | ウミ[ 編集 ]
★ウミちゃんへ
e-266
あの年は異常だったよね。
うちも押入れの中とかが、カビだらけになったよ。
あんな涼しい夏は初めてだったな~
お米も不足して、タイ米やら輸入したのもあのときだったね。
洪水に遭うなんてユメにも思わず、貴重な体験だったわ(^^;
冷静だったというか、妙に現実味がなくて、今思い返しても
ユメをみていたような変な気もするわ(T▽T)あはは♪
2008/06/12 Thu 20:04:08
URL | ライム[ 編集 ]
すごいね・・・
ライムさん、恐ろしい経験をしているのですね。
自分の胸まで水位が上がってきたら?
もうその時点で、私はパニクるでしょう(/.\)
私、子供の頃に川で溺れかけたことがあります。
そのトラウマで、未だに水が怖いものですから・・・
洗髪で顔に水がかかるのもいやでした(/.\)
2008/06/14 Sat 09:59:14
URL | ペンペン[ 編集 ]
★ペンペンさんへ
e-266
滅多にできない貴重な体験でした(^^;
でもそのときは、それほどコワいとは思わなかったのですよ。
生きて帰れないかもしれない、なんてこともチラっと思ったけど、
恐怖感というのはほとんど感じていなかったような気がします。
ペンペンさんも溺れかけたことあるんですね!
実は私も、プールで溺れかけたことがあります(笑)
その上、この洪水に遭ったんですが、あまりトラウマだとは
感じていないので、アホかもしれません(^▽^)きゃはは♪

私の知り合いにもいますよ。溺れかけたことがあるので
シャワーを頭からザーッとかぶることができないそうです。
心の傷は深く残るものですね。。。
2008/06/14 Sat 17:53:09
URL | ライム[ 編集 ]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。