07 «  2017 / 08  » 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
青灰色猫 
 2008/05/11 Sun 20:04:47  Edit
【日本猫の種類】
No.8■青灰色系

洋種との混血で出た色合いだと言われる青灰色の猫。
ロシアンブルーと見紛うほどの美しい猫もいる。
英語ではグレー(灰色)ではなく、ブルーと呼ぶ。

▼美しい青灰色の魅惑...................
ブルーグレイ


▼この色の猫は大きい猫が多い。。。
灰色


▼ツートーンも美しい青灰色白
青灰白
かの有名な、『トムとジェリー』のトムが青灰白だったそうで、
そのことから、この色合いの猫を、 “トムキャット” と呼ぶとか。。。

▼めずらしい青灰色白のブチ
青灰色ブチ
数年前、森で偶然に出会った猫。
ブルーグレイの色合いが非常に美しい猫だった。

.....................................

写真提供 ★Thanks!
■Copyright(C)Higefuku → 花道/獣道 @髭梟ちゃん
■Copyright(C)猫目ウォーカー → 猫目ウォーカーさん
■Copyright(C)Lime → 当サイトの管理人


日本猫の種類 |  -- trackback  |  8 コメント  
コメント
▼この記事へのコメント
青灰色猫ちゃん♪
ライムさん、こんばんわ♪
日本猫シリーズ、毎日楽しんでいます(^^)
日本猫というだけでもこれだけのバリエーションに富んでいるのですね。
猫の毛の色や柄はとても魅力です。
まさに青灰色、きれいな色です。
この色合いは特にビロードのような手触り感がありそう♪
2008/05/11 Sun 21:24:59
URL | ビー[ 編集 ]
そうかぁ
ジェリーを追いかけていたトムは
この灰白猫だったのか。
なじぇにトムキャットなのか、
どんな猫をトムキャットというのか
今、解った。さすがv^^v
2008/05/11 Sun 21:31:09
URL | みなき[ 編集 ]
今まで全然意識してなかったけど、
そう言われてみればトムはブルーでした!
ブルー系の猫さんって元々日本猫にはないカラーなせいか、
高貴なイメージがありますよね。
以前はほとんど見かけなかったけど、最近は普通に道を歩いていることもあって
時代は変わったなと感じます。
2008/05/11 Sun 22:17:40
URL | こだま[ 編集 ]
ブチとツートンカラーの青い猫ははじめてみました。
ソフトな印象で白黒猫ちゃんとは一味違いますね~。
洋猫の血が入っているのでしょうけれど
独特の貴族的な雰囲気があります。
2008/05/12 Mon 12:06:32
URL | にんに[ 編集 ]
★ビーさんへ
e-266
ひとくちに日本猫といっても多彩でしょ~♪
私は昔から、猫の毛色って、何でこんなにいろいろあるんだろう?
という素朴な疑問をもっていたの。一度は全ての毛色の猫を
飼ってみたいけど、それはちょっと無理っぽいので(笑)
せめて、こうやって並べてみたかったの~(^^;
そう、一番ビロードの手触りっぽいのはブルーグレイの毛皮だね♪
2008/05/12 Mon 17:54:00
URL | ライム[ 編集 ]
★みなきちゃんへ
e-266
私も実は、トムキャットの意味、長いこと知らなかったわよ。
たまたま何かで読んで知ったのさ~♪
言われてみれば、そっか!…と思うでしょ(笑)
元は日本にはいない種類の毛色だったと思うけど、
いつの間にか、野良の中にも見られるようになってきてるね。
2008/05/12 Mon 17:57:43
URL | ライム[ 編集 ]
★こだまさんへ
e-266
ふっふっふっ♪、こだまさんも思い出したわね♪
実際のトムは、もっと明るい灰色、というかブルーに近い色
だったらしいよ。ブルーも、淡いのから濃い系までいろいろ。。。
ブルーグレイの猫、一番上の写真のコは特に毛が密生していて
コールテンのような雰囲気の毛皮だよね♪
この色の猫が野良の中にもいるということは、おそらく
飼い猫が捨て猫となって、その子孫が増えた結果でしょうね。
2008/05/12 Mon 18:02:41
URL | ライム[ 編集 ]
★にんにさんへ
e-266
一部の専門家の中には、この色の猫は、日本猫と
いうべきではないという意見もあるそうですが、
今では野良の中にも見られるようになり、公式に
日本猫の一種として載っています。
元は洋種との混血であることは間違いないですが
洋猫が捨て猫にされ野良となって、他の色合いとのmixを
増やしているのでしょうね。
ブルーグレイのブチの猫は、私が時々散策に行く森で
出会った猫です。非常に美しい猫でしたよ♪
2008/05/12 Mon 18:12:15
URL | ライム[ 編集 ]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。