03 «  2017 / 04  » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
猫トイレ模様 
 2007/12/21 Fri 19:35:56  Edit
「猫ババ」という言葉がある。意味は誰もが知っている(はず…)
猫が、排泄物に砂をかけて隠してしまう習性があることから、人の物を盗って知らん振りすることを言う。猫に失礼な言い方だと思うが、それはさておき……
猫は、なぜこんなことをするのか? 
これは猫の習性であり、排泄物の匂いで、他者に自分の居場所を悟られないようにするため、と言われている。 但し、優位であるボス的猫、喧嘩に自信のあるオス猫は、ウンPを埋めるどころか、匂いが最も効果的に漂うように、わざと砂かけをしないともいわれる。これはいわば、“広告用”であり、「ここはオレさまの縄張りでぃ!」という主張をしているらしい。

野良猫と飼い猫ではまた事情が違うし、最近は完全室内飼いも増えている。外をまったく知らない猫もいるわけで、猫の環境も多様化している。いつも安全圏内にいる室内ペットにおいては、縄張りの誇示は本当は不要な行為である。でもこれは、先祖代々からインプットされた本能なのだろう。


使用中撮影禁止だからね…by Liv…(^^;

砂かけのやり方は、その猫の性格によるところもあるかもしれないが、数段階のレベルがあると思う。
うちの猫は、小のときはあまり穴を掘らないし、終わっても、砂もかけずに出て行くことが多い。大のときは、かなりしつこく掘って掘って掘りまくり、終わった後も、念入りに丁寧にこんもりと砂を盛る。
また、猫飼いさんは知っていると思うが、大用の穴と小用の穴、彼らはちゃんと区別する。これは前の猫でも確認済み。同じ穴に両方はしないものだ。

z2_20071219150757.gif

ちなみに、猫のトイレのしつけについて――
『猫が床の匂いをくんくん嗅いだり、前足で引っかくしぐさを見せたときがもよおしているとき。そんなときこそ、すかさずトイレトレーニング。トイレを覚えさせる為には、抱いてトイレに連れて行き、前足をひっかく動作をさせる。それを何度か繰り返していると覚える。1週間くらいで覚える』 
どの飼育書にも、だいたいこういうことが書いてある。
でも私は、猫にトイレのトレーニングやしつけをしたことは一度もない。何も教えなくても、勝手に覚えてしまったからだ。来夢もそうだったし、リブもまたしかり。かなり以前、仔猫を里親に出すまでの間、一時預かりしていたことがあるが、そのときも何の問題もなかった。

リブの場合、うちに来たとき生後約1ヶ月だった。ただトイレを準備してそこに置いておいただけである。どうやって教えたらいいのか悩むヒマもなく、彼女は自発的にそこに行って用を足した。1週間どころか、一発で覚えた。一度もそそうをすることもなく、こっちが拍子抜けするくらいあっけなかった。
こんなたった生後1ヶ月のガキ猫でさえ、自分のお尻の始末は自分でできるのだと、そのとき、つくづく感心したものである。


(neko zatugaku14--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。