05 «  2017 / 06  » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
猫が鳴くとき 
 2007/10/21 Sun 00:00:00  Edit


猫の声を文字にするとしたら、普通、「ニャー」とか「ミャー」である。大抵の人は、猫の鳴き声はそれだと思っている。でもこれは、「人に話しかけるときだけ」なのである。猫どうしでは、決してこんな鳴き方はしない。
猫は、仔猫時代はミーミーとよく鳴くものだ。これは母猫に対して、「アタシはここにいるよ。ちゃんと面倒みてちょうだいね」と、自分の存在を主張する為であると、ものの本には書いてある。
ミーミー鳴いて喉をゴロゴロ鳴らすことは、生まれもった本能の一部であり、保護者への依存の証。母猫もまた、それを頼りに子育てをするわけだ。
生粋の野良猫や野生の猫は、この時期を過ぎ、母猫から独立してしまうと、普段は声を発しない無口な大人になる。声を出すのは喧嘩と発情期のときくらいで、それ以外では、まず声を出したりしない。それが猫本来の姿である。
野良猫でも、人に向かってニャーと話しかける猫は、一度は飼い猫だったと思ってもいいと、ある獣医さんが言っていた。

za_naku2.gif

そしてその鳴き方もまた、いろいろなバリエーションに富んでいる。猫の鳴き方が、相手によって変わること、状況に応じて違うことは、長く猫と暮らしているとだんだん分かってくると思う。専門家によると、鳴き方の種類は犬よりも多く、百通りほどもあるそうだ。
来夢は、大好きな彼女が来ると、それは甘い声を出して迎えたものだ。そんなときは、喉の奥から「グルグルッ」という鳩のような声を出す。発情期には、「ア?オ」とか「ナ?オ」というような鳴き方をして落ち着きがなくなったものだ。
怒ったり威嚇したりするときは、「シャーッ」とか「ハーッ」などと、蛇に似た声を出す。喧嘩するときはまず、「オ?ワ?ッ!」(というふうに私には聞こえる)と叫び合って、しばらく睨み合いが続く。
いつだったか、来夢が喧嘩相手と「ウーッ」と睨み合っているときに、後ろからひょいと抱き上げたことがある。(もちろん、喧嘩を止めさせる為だ) 急に止めさせられたのに、来夢は私の顔を見て、ニャーと鳴いた。私に対してはやっぱり、「ニャー」なのである。猫の喉は七変化する。

za_naku3.gif


数千年前、猫が人に飼われるようになったとき、それまでは仔猫時代にしか使わなかった言葉を、猫は人とのコミュニケーションに使うようになった。自然にそうなったのだろう。もともと猫に備わっている母親への意思表示の手段だから、自分の面倒をみてくれる人間に対して、飼い猫はいつまでも仔猫の気分を残し、自分の気持ちを訴える手段として使うのだろう。おしゃべりしようと思って鳴くのではなく、多分、そのときの気持ちが思わず声になって出てしまう、ということらしい。
しかし、飼い猫もさまざまで、人の顔さえ見ればニャーニャー鳴きまくるやつもいるいし、あまり鳴かない猫もいる。これも性格かもしれない。人間にも、無口なやつもいるしおしゃべりなやつもいるものだ。うちの猫はあまり鳴かない無口タイプである。


■アイコン: ねこのおしごと


(neko zatugaku8--yumeneko note)
猫雑学的メモ |  -- trackback  |  6 コメント  
コメント
▼この記事へのコメント
猫の鳴き声のバリエーションは本当に広くて面白いです。
こんなにいろんな声が出せる声帯なんだーと思ったり。
気分によって、目的によって
ちゃんと使い分けているのがすごいです。
2007/10/21 Sun 22:21:57
URL | にんに[ 編集 ]
★にんにさんへ
e-266
猫の喉はかなりすごそうですね♪
全然違う声を出すんですもの。
来夢のときは特に、よく驚かされました。
ケンカの声や、雌猫に対してアピールするときとか
本当にいろんな声を聞かせてくれましたっけ(*^^*)
2007/10/21 Sun 22:35:00
URL | ライム[ 編集 ]
子猫の
ライムさ~ん♪
子猫の母親を呼ぶ、ミュミュウ!という声は、
遠くからでも、聞こえますね~。
切羽詰ったような声で、聞いている私も、
切なくなってしまう~。
何かせずにはいられない、思わず保護してしまう、
だから、私は、ダメなんだ~(⌒▽⌒)アハハ!
2007/10/22 Mon 05:36:37
URL | ちょこ[ 編集 ]
なるほど納得!
2007/10/22 Mon 18:15:12
URL | JJ[ 編集 ]
★ちょこさんへ
e-266
母猫が仔猫を連れているのを見ると、それだけで切ない私です(笑)
母猫が仔猫を呼ぶ声、また仔猫が母猫を探す声、とても切ないですね。
それにしても、猫の喉ってすごいと思ってしまいます(笑)
いえいえ、ちょこさんのような方がいるから、少しでも
可愛そうな猫たちが助かるのです(*^^*)
もう猫なしでは暮らせないですね~(^^;
2007/10/22 Mon 18:20:57
URL | ライム[ 編集 ]
★JJへ
e-266
納得してくれてありがとう~~ヾ(*^▽^*)〃
2007/10/22 Mon 18:23:17
URL | ライム[ 編集 ]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。