09 «  2017 / 10  » 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
約束の犬 
 2009/09/17 Thu 19:48:59  Edit
HACHI

日本人なら誰でも知っている「忠犬ハチ公」
物語の舞台をアメリカに移して製作されたハリウッド版忠犬ハチ公物語
『HACHI 約束の犬』 観てきました。
主演は リチャードギア

寒い冬の夜、駅で迷い犬になっていた日本犬の子犬と出会った
パーカー・ウィルソン教授(リチャード・ギア)は、どうしても
その子犬を放っておけず家に連れ帰り、妻の大反対を押し切って
飼い始める。
日本人(日系人?)の知り合いに聞いて、それが日本の秋田犬
であることを知り、首輪のタグに、漢字の「八」という字が刻まれて
いたことから、彼はその子犬を「ハチ」と名づける。

冒頭のシーン...................
日本のどこかのお寺で、僧侶が子犬を木製のケージに入れて送り出す。
そして、その子犬は飛行機に乗せられてアメリカへやってくるのだが
ちょっとした手違いから、子犬の入ったケージはとある駅に置き去りに
されてしまう。子犬は壊れたケージから飛び出して、駅内をウロウロ
していたのだった。
送り先の住所が書かれた荷札が千切れて半分無くなっていて、
宛先が分からない。その秋田犬は、日本からアメリカの誰かに
贈られるはずだった。誰かに「約束された犬」だった。
結局それが誰だったのか分からずじまいだったが、運命のいたずらで、
ウィルソン教授に約束された出会いになった。。。
人と人の出会いが運命であるように人と動物の出会いもまたしかり…

やがて大好きだった教授が亡くなって、それでも毎日、夕方の
5時にいつもの駅に迎えに行くハチ…
帰らぬ主人をひたすらに待ち続けるハチ…
最初から結末は分かっているのに、やっぱり切ない。
犬の演技がすばらしい。
犬と人との深い絆にしみじみと感動する作品。



そしてもうひとつ…
命を巡る旅、命の尊さをあらためて考えて欲しい貴重な逸品。
10月10日より全国順次公開
▼「犬と猫と人間と」
犬と猫と人間と


シネマ/ドラマ |  -- trackback  |  4 コメント  
コメント
▼この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/17 Thu 22:27:17
| [ 編集 ]
リチャードギアが映画の宣伝でTVに出ていたとき
日本の秋田犬はプライドが高いといってました。
彼自身犬が好きで飼っているので
性質の違いを感じていたみたいで面白かったです。
ハチ公の話は、世界を問わず胸打たれますよね。

(ブログにあげましたが)今夜「犬と猫と…」の監督がTVに出るそうなので
どんな内容になっているか見てみようと思います。
2009/09/18 Fri 12:17:02
URL | にんに[ 編集 ]
☆☆ちゃんへ
へぇ~! それはすごい♪
リチャード・ギアって、大ファンというわけでもないけど、
嫌いじゃないわ♪ 渋いお年頃になったよね。
その件はメールします♪
どうなるかお楽しみに~(*^m^*)♪
2009/09/18 Fri 20:03:40
URL | ライム[ 編集 ]
★にんにさんへ
この映画より以前に、アメリカで日本犬がけっこう人気だと
聞いていました。余談ですが、猫も、ジャパニーズボブ
デールがとても人気があるそうですが…。
秋田犬って、きっと西洋にはいないタイプなんでしょうね。
犬の忠誠心はすごいものがありますものね。

「犬と猫と…」の監督さんはまだお若い方ですね。
これがきっかけになって、この問題がもっと注目されると
いいですね。NHK教育のその番組、観てみます。
2009/09/18 Fri 20:13:06
URL | ライム[ 編集 ]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。