05 «  2017 / 06  » 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
ティファニーで朝食を 
 2009/05/16 Sat 21:28:09  Edit
【シネマの中の猫たち】

5月4日は、今は亡きオードリー・ヘップバーンの誕生日だったそうで
先日テレビで、彼女についての特集をやっていた。
オードリー・ヘップバーン、大好きな女優だ。
「スクリーンの妖精」と言われた人で、本当に可愛らしい人だった。
もし生きていれば、今年80歳のはずだが、63歳という若さで亡くなっている。
映画界引退後は、ユニセフ大使として活躍した人だった。
今となってはクラシック映画の世代の女優さんだが、ヒットした映画は
今も語り継がれ、若い人にも知名度は高いそうだ。

オードリー・ヘップバーンといえば、ワタクシ的に一番好きな映画は、
ティファニーで朝食を (1961年米映画)

D112456228.jpg

→ オードリー・ヘップバーン


”ムーンリヴァー”は、この映画の挿入歌で、ヘップバーンが
窓辺に座ってギターを弾きながら口ずさんだシーンが有名だ。

ycat1.gif

この映画には、茶トラの猫が登場する。
ヘップバーン演じるホリーが飼っている猫で、彼女は、名前をつけて
いなかった。いつも、「猫ちゃん」と呼んでいた。

この猫が実に上手い役者で、ベッドで寝ているヘップバーンを
起こすシーンなど、すごく自然だった。
ラストで、ホリー(ヘップバーン)に、雨の中、一度は捨てられるが、
すぐに後悔したホリーが、ずぶ濡れになりながら、この猫を
ジョージ・ペパードと一緒に探しまわるシーンがあった。
雨を逃れて箱の中に隠れていた猫を探し当てたホリーが
泣きながら猫を抱きしめ、そのホリーを、ジョージ・ペパードが
猫ごと抱きしめるラストシーン。。。
妙に印象に残っているのは、猫の存在があったせい…かも?(^^;

原作の小説と違って、映画はハッピーエンドになっていた。
そしてこのことが原作者のトルーマン・カポーティを怒らせたそうだ。
ラブロマンスは、やっぱりハッピーエンドでなくちゃ?
と、私は思ったけどね。
そもそもカポーティは、ホリー役にマリリン・モンローをイメージして
いたので、ヘップバーンが気に入らなかったらしい。
私は、モンローもヘップバーンもどちらも大好きだけど
この役は、ヘップバーンの方が適役だったと思う。

古き良き時代のハリウッド映画だ。
今はもう、ほとんど見られないような素敵なラブストーリーだった。


シネマ/ドラマ |  -- trackback  |  6 コメント  
コメント
▼この記事へのコメント
ライムさん、こんばん☆わ♪
わたしもヘップバーン大好きです。永遠の憧れの女性です♪
そういえば猫が出てましたね。思い出しました。

ホリーがヒスを起こして、猫に八つ当たりしていたシーンありましたよね?
そんな場面覚えています。
わたしは映画をみた後で原作を読みましたけど
ヘップバーン=ホリー・ゴライトリーは強烈な印象でした。
ちなみに、特攻野郎Aチームでみたジョージ・ペパードはあまりに変貌を遂げていて、あのラブロマンスのときと同一人物とは思えませんでした☆ヽ(o_ _)oパタ...

ああいう映画、今はないですねぇ
CGもどきばかりの最近の映画はスケール大きいけど味気ないです。
昔はよかった、なんていうと年がばれますが(^o^;
古き良き時代の古き良き映画ですね♪
2009/05/16 Sat 22:53:26
URL | moe[ 編集 ]
★moeちゃんへ
スクリーンの妖精というのがぴったりの女優さんだったよね(*^^*)
引退した後も、恵まれない子供たちのために、私財を
投じて尽くしたそうです。立派な方だったと思います。

『特攻野郎Aチーム』のジョージ・ペパード!
わはは~、確かに見事な変貌ぶりかも(笑) 

そう、’60年代から’80年代くらいの米映画は、
本当に面白いものが多かったと思います。
今の映画は、スケールは大きいけど、あの当時の映画とは
様変わりしてしまったね。
この映画を思い出したら、あの頃の映画を、もっとたくさん
観たくなっちゃったわ♪
2009/05/17 Sun 10:24:10
URL | ライム[ 編集 ]
お~~ライムさんがヘップバーンが好きなんて
ちょっと意外です~~。
(私はオードリーよりキャサリンの方が好きかな?)
今度チャンスがあったら、猫目当てに見てみよう~。

↑な、なんですって、特攻野郎Aチームのジョージ・ペパードが?
同じ人とは思えません。
銀幕という言葉が似合うころの映画が良かったです。
俳優は俳優らしく別世界の感じで、それが良かった気がします。
2009/05/17 Sun 10:56:50
URL | にんに[ 編集 ]
★にんにさんへ
お~! にんにさんはキャサリン・ヘップバーンを
知ってるのね(*^^*)  これも意外かも~♪
キャサリンの方はあまり詳しくは知りませんが、確か、
『黄昏』に出ていましたよね。個性的な魅力のある女優さん
でしたね。昔の俳優たちは、すごく役者魂を感じさせる
人たちが多かった気がします。

『特攻野郎Aチーム』でジョージ・ペパードを観たときは
正直、私も驚きました(^^;
昔は、甘いマスクの色男でしたけどね(笑)
そそ! 最近の俳優さんは、昔のような「銀幕スター」
というイメージの人は少ないですね。
2009/05/17 Sun 17:49:48
URL | ライム[ 編集 ]
てぃふぁにーで朝メシを♪
わしもヘプバーン好きやv-10
こんなに華奢なのに、けっこうパワー感じるしな♪
NYにいた時分、ぢつは映画の真似して、
てぃふぁにーで朝メシを食ったことあるんだわv-8
さすがに1961年より新しいけんど、
古き良き時代の古き良き思い出なんだわ(* ̄m ̄)プッ
2009/05/17 Sun 21:47:34
URL | 薫[ 編集 ]
★薫ちゃんへ
そういえば薫は、NYに10年以上も住んでいたんだったね~。
いいなぁ♪
行ったことさえないワタクシは羨ましいかぎり♪
そそ、ヘップバーンはあんなに細いのに、案外パワフルかも。
けっこう存在感がある人だよね。
薫ちゃんなら、ホリーのマネして、ティファニーの窓を
覗きながらホットドッグかじっても似合いそうよ。
イメージは全然違うけど(爆)
2009/05/18 Mon 17:54:03
URL | ライム[ 編集 ]
▼コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。