03 «  2008 / 04  » 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
猫の歴史 
 2008/04/27 Sun 16:32:57  Edit
◆犬は、およそ5?6万年前から人間の集落の近くにいたと言われ、
人に飼われるようになったのは、1万数千年前からである。
猫と人との歴史はそれよりも浅く、人間に飼われるようになってから
せいぜい5千年くらいだと言われる。
猫の直接の祖先は、アフリカに生息するリビアヤマネコだというのが
定説である。リビアヤマネコは、性質が温厚で人に馴れやすいそうで、
古代エジプト人が家畜として飼い馴らしたのが最初だと言われている。

◆貯蔵してある穀物を食い荒らすネズミに悩まされていた古代エジプトでは、
ネズミを追い散らし、ハンティングしてくれる猫は非常に有益な動物であった。
猫は穀物を食べないので、ネズミを狙って穀物貯蔵庫に住み着いた猫を、
古代エジプト人は歓迎した。
こうして、ネズミ退治の仕事を与えて飼い始めたのが、人と猫の関わりの
最初だったと伝えらえる。
古代エジプト人は、やがて猫を神として崇めるようになる。飼い猫が死ぬと、
飼い主は眉を剃って喪に服した。富裕層の飼い猫だった猫たちは、
高貴の人間が死んだときと同じようにミイラにされた。



◆古代エジプトでは、猫を海外に持ち出すことは禁じられていたが、
商売目的のフェニキア人たちによって密かに持ち出され、やがて
ヨーロッパ全土に広がっていった。
猫は大人しくて小さくて飼いやすいし、何と言ってもネズミを退治して
くれるので、最初のうちはどこでも歓迎されたようだ。
ネズミは人間の食料を食い荒らし、ペストの原因ともなるので忌み嫌われた。
人が猫に求めるものは、ネズミを寄せ付けないことであった。
猫がいるだけで、その家にはネズミがいなくなるくらいに、猫は、
効果的なネズミ駆除のための存在であった。
船乗りたちはみんな、食料や荷物をネズミに荒らされないために、
猫を船に乗せて航海するようになった。

◆こうして世界各地に広がって行った猫たちは、エジプトから東へ
東へとやってきて、とうとう海を超えて日本に到着する。
日本には、奈良時代に、経典などをネズミの害から守るために、
一緒に船に乗せられて中国から輸入されてきたと言われている。

zz.gif

◆ちなみに、エジプトから始まって中近東の国々と日本を含むアジア
各地では、昔からずっと猫を大切にしてきた歴史がある。
エジプトでは猫は神であったし、中東の国々でも、猫は非常に神聖な
ものとされるし、タイでは、茶色い(黄金色の)猫は神の遣いとされる。
こういう地域にやってきた猫たちは幸せだったが、ヨーロッパに渡った
猫たちは、その後、受難の時代を迎えることになる。
中世のヨーロッパでは猫は悪魔の遣いとされたのである。

◆これは、中世になってキリスト教の勢力が増大してきたためで、
ヨーロッパでは宗教裁判が頻繁に行われるようになり、魔女狩りが
始まると、猫は魔女の手先であるとみなされたためであった。
なぜ魔女の手先とみなされたかというと、猫の持つミステリアスな
雰囲気のせいもあったかもしれない。そしてまた、
魔女呼ばわりされたのは独り暮らしの孤独な女性(また、老女)が多く、
癒しと慰めのために猫を飼っていることが多かったそうだ。
魔女には猫がつきものというイメージは、いつの間にか当たり前の
ようになっているが、猫たちにとってはとんだとばっちりだったわけだ。

z5.gif

◆こうしてヨーロッパでは、俗信や迷信が満ち満ちたそんな暗黒の
時代が長く続いたのである。300年の長きに渡って猫を迫害し続けた
ヨーロッパでは、当然のことに猫の数は激減し、そしてペストが
大流行して、ヨーロッパの人口まで激減する。
猫がいなくなったせいで、ネズミが大発生したのが大きな原因であった。
ところが人間とは勝手なもので、それまで悪魔とみなして散々苛めていた
くせに、ネズミを退治するために猫が役に立つことを思い出した人々は、
今度はこぞって猫を飼い始めたのであった。
ネズミを捕るのが上手な猫には高い値が付いたそうだ。結局、ペストが
静まったのは猫の存在が大きかったのである。

zz.gif

◆猫と人の歴史は、(一部壮絶な事実もありながら)、こうして現在に至る。
ヨーロッパでも、猫に対する見識が少しずつ復活してきて、ペットと
しての地位を確立してきたのは19世紀になってからである。

1871年に、イギリスのロンドンで世界初のキャットショーが行われたが、
彼の地の猫愛好家たちは、パッとしないイギリス産の猫に対して、
東洋産の猫たちのあまりのすばらしさにショックを受けたという。
ヨーロッパでは猫の迫害の時代が長く続いたために、猫の種の保存は
おざなりにされてきたのに対し、中近東各地、アジア各地では、猫は
ずっと大切に扱われてきた。
東洋では、宗教の争いごとに猫が巻き込まれることはなく、猫たちは、
勝手にネズミ捕りの仕事をしながら、本来の自由気ままな性質のままに
のびのびと暮らせたと言える。

◆例えば犬は、多くの使命があるために、その目的によって
人の手で品種改良を繰り返され、本来の姿とは異なってきているけれど、
猫たちは、ネズミを捕らせるということ以外は野放し状態だったので、
飼い猫といっても、比較的自由に本来の習性のままに暮らすことが
できたと言える。
人も、ネズミを捕ること以外は期待しなかったのだろう。このためか、
猫は他の家畜と違って、最も野生の原型を残していると言われている。

z5.gif





(neko zatsugaku sp3--yumeneko note)

スポンサーサイト
猫の歴史 |  -- trackback  |  8 コメント  
忘れる言葉 
 2008/04/22 Tue 21:15:07  Edit
怪しいトランペッター♪
怪しげな(?)ミュージシャンドール
(ランチをよく食べに行くお気に入りの店にて)

zz.gif

今や超売れっ子となっている黒人演歌歌手のジェロくんは、日本に数年間住んでいるそうだが、その彼が、毎日、日本語を使っているので、時々ちょっとした英単語を思い出せなことがある、なんてなことを話していた。ホンマかいな?(^^;
と思っていたら...................
私のオットの姪っ子が、オーストラリア人と結婚して近くに住んでいる。日本語はペラペラだ。ほぼ完璧な、違和感のないきれいな日本語を喋る。
(以前何度か書いているのでご記憶にある方もいるかもしれない。このDくん、私にとっては義理の甥に当たるわけで…。トムクルーズに似た感じのナイスガイである)

昨日会ったとき、その彼も、同じようなことを話していたので、ジェロくんのことを思い出して笑ってしまった。最近は、夢もほとんどが日本語だそうで…(笑)
たまにオーストラリアに帰ると、身内から、日本人っぽくなってる、オーストラリア人はそんなことはしない(電話しながらお辞儀をするとか…)などと言われるそうで、すっかりジャパニーズ…かも?(笑)
そういえば以前、あるテーマの話をしていて、Dが、「分析して云々…」と話し、その後、「アナ、あな、アナ…、えーっとなんだっけ?」と私に聞いてきたっけ。
「Analysis(分析)のこと?」と言うと、
「そーそー! それそれ! Analysisだ」だって。。。
あのね?、日本人に英語教えられてどーすんだよっ…オイオイ☆\(--;)


Memo’s Memo |  -- trackback  |  10 コメント  
前世チェック 
 2008/04/19 Sat 20:23:37  Edit
モミジの新緑
新緑のモミジ(自宅庭にて…)

zz.gif

ウロウロしていたら、前世チェック のページ見っけ?
さっそくやってみると、すごい結果がでたぞ?
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
あなたの前世は【古代に世界を統べていた巫女】のようです。

あなたの前世は太古の世界で生きた巫女。
人類にとって自然が最大の脅威であった世界で、不思議な霊力を使い、人々の生活を守ってきたようです。
あなたの責任は重大で、ときに苦しさに押しつぶされそうになりながらも、その務めを立派に果たし、毎日占ったり、雨乞いをしたりしながら生きてきたのでしょう。
心労がたたり、あなたは人よりも早く寿命を迎えたようですが、その功績はいつまでも人々の胸に残ったようです。
数百年のときを経て、現代世界に転生したあなたですが、前世の生き様のためか、不思議なインスピレーションを持っているかも知れません。
普段は社会の一員として誰とも変わらぬ生活を送っていても、ふとしたときに、自然の中から直感を得ることがあるようです。
何か大きな危険が押し迫ったときにこそ、それを乗り越えるために、あなたの心に眠る巫女の血が騒ぐことになるでしょう。
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
だって。。。ウソ臭せぇ?(¨;) 

他にも、『心理テスト』やら、『自己分析』の項目あり。
試してみたい方は、前世チェック のページのメニュー欄をご覧下さいまし。


Memo’s Memo |  -- trackback  |  14 コメント  
海雪桜行き 
 2008/04/08 Tue 21:01:13  Edit

▲桜も散り際...................

ジェロくん知ってます? 黒人演歌歌手のあのジェロくん。
他のことを検索していて、たまたまジェロくんの歌のページに飛び込んだ。演歌って、普段聴くことはまずないのだが(ちなみにロック大好き人間であります)黒人が歌う演歌というものに興味を惹かれて、ちょいとクリックしてみた。
初めてじっくり彼の歌を聴いたのだが、この人は上手い。すごい歌唱力だと思う。
思い入れを込めたあの歌い方…。お祖母さんが日本人だというから、やはりどこかに日本人っぽさを感じるのか?
しかもあのルックス(思いっきりポップ系じゃん)に演歌。。。
このギャップがいいのか?
演歌を聴いてゾクソクしたのは初めてだ(笑) ちなみに、大音量で聴いていたのに、うちの猫までPCの側にやってきて、しみじみと(?)興味深そうに聴き入っていた。猫も感動するのか?(^^;

■視聴できます → 『海 雪』

no080408n2.jpg
桜と演歌は日本人の心を揺さぶるのかもしれない...................


Memo’s Memo |  -- trackback  |  12 コメント  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。