08 «  2007 / 09  » 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
ライム的雑感
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback  |  -- comment  
彼岸過ぎて 
 2007/09/28 Fri 19:27:55  Edit
暑さ寒さも彼岸まで…と言うけれど、彼岸も過ぎたというのに今年はいつまでも暑い。かすかに秋の気配もするけれど、昼間は平気で30度を超えるしな?。

白花曼珠沙華
▲白花曼珠沙華

▼彼岸花
彼岸花

彼岸の時期にきっちりと咲いてくれるけなげな花だが、その艶やかな美しさとは裏腹に、彼岸花は不吉な花とされている。墓や仏前に供えてはいけないとも言われる。子供の頃、彼岸花を摘んで帰って親に怒られたという人がいるかもしれない。
父が、非科学的なこと(幽霊話など)をすごく嫌う人で、“不吉”なんてことはこの世にはない。そんなことはタダの迷信だから信じなくてよろしい…てなことだった。ただ、毒があるから触るなと言われただけだ。
これは、彼岸花に毒性があるために、子供がむやみに触ったり摘んだりしないように、戒めとして、「不吉なもの」と言って聞かせたのだろう。子供が怖がって近づかないように…。
『彼岸』とは、あの世のこと。煩悩が消えた世界のことであり、涅槃界のことである。我々が生きている煩悩に満ちたこの世は、『此岸(しがん)』と言う。そんな意味ありげな、あの世の花なのである。
(なんてことはない、単に彼岸の時期にきっちり咲くから彼岸花というだけのことだと思うが…)←親譲りの現実派?(笑)
スポンサーサイト
脈絡のない風景 |  -- trackback  |  0 コメント  
イエネコ 
 2007/09/27 Thu 00:00:50  Edit
「イエネコ」と呼ばれる猫は、「家で飼われている猫のこと」だと思っている人が多いようだ。なんたって、「イエネコ=家猫」だもんね?。そう思うのも無理はないが、でも、学術的にはちょっと違う。

[猫の動物学的正式名] が「イエネコ」(学名:Felis catus)なのである。
どんな種類の猫も、飼い猫も野良猫も、短毛も長毛も、どんな品種の猫も、その辺で見かける猫はすべて(学術的には)、「イエネコ」と呼ぶ。
正確に言えば、猫は、『脊椎動物・哺乳類・食肉目(肉食であること)・ネコ科・ネコ亜科・ネコ属・イエネコ類』というややこしい正式名である。

■「ネコ科」はさらに3つの属、[チーター属]・[ヒョウ属]・[ネコ属]に分けられる。
===================
▼チーター属
チーターのみ。

▼ヒョウ属
ヒョウ、ユキヒョウ、ウンピョウ、ジャガー、トラ、ライオンなどの大型属。

▼ネコ属
イエネコ。その他、リビアヤマネコ、カラカル、オオヤマネコ、イリオモテヤマネコ、ボブキャットなどなど、大きさも種類もバラエティに富んでいる。
===================

なぜ「イエネコ」と呼ぶのかといえば、『家畜化されて家につく=家で飼うことが可能だから』――つまり、「人によくなつくから」であり、ペットとして飼うのに適当な動物だから、という意味合いらしい。
だから、野良猫でも(人の家に飼われていなくても)、普通その辺で見かける猫はすべて「イエネコ」なのである。
ヤマネコはまた特別で、ペットだった猫が捨てられて、あるいは家出して、山で暮らすようになったからといって「ヤマネコ」になるわけでもない。念のため。

飼い主のいないイエネコのことを、普通、「野良猫」と呼ぶ。でもこの段階では、人間からエサをもらったり、エサをくれそうな家々を巡回して生き延びるタイプのイエネコである。そのノラ度が強くなり、完全に野生化したものが「野猫」。
ここまでくると、人間には一切寄りつかず懐かず、自力でネズミや野ウサギをハンティングして暮らす小さな野獣である。ただし、この「野猫」に属するイエネコは、都市部ではまず見られないと推測される。

イエネコでぇ?す♪
▲家にいるからイエネコってわけじゃにゃいよ。byリブ。


(neko zatugaku1--yumeneko note)


猫雑学的メモ |  -- trackback  |  -- comment  
猫年齢換算表 
 2007/09/27 Thu 00:00:30  Edit
猫年齢換算表
表左側(ピンク)は、幼年期?壮年期
表右側(ブルー)は、中年期?老齢期

一般的に、8歳以上(表右側:猫年齢8年以降)は、個体差はあるものの、少しずつ老いの兆しが見え始め、運動能力の低下、老齢による体の衰えなどが出てくる時期である。食事管理など、特に気をつけてあげたい。
猫はいくつになっても可愛いし、人間ほどはトシを感じさせないものだが、彼らは人間の数倍のスピードで老化しているのである。
ここに示している換算年齢は、うちの猫のかかりつけの動物病院からいただいたデータに基づき、表にまとめたもの。データによって多少の違いがあるようで、これが絶対とは言えないが、一応の目安ということで、ご参考に。
これを参考にすると、自分の猫が今、一生のうちのどの段階にいるかの判断材料になり、健康管理にも役立てることができる。

また、この年齢換算表は、犬の場合も大体当てはまるけれど、犬は、犬種によって体の大きさにかなりの差があり、猫の場合よりさらに曖昧になってくるかもしれないことをご承知いただきたい。あくまでも目安として参考に。
ちなみに、大型犬より小型犬の方が長寿傾向。

***************
※ これはいつでも参照できるように、【カテゴリー】の一番上に配置しておきます。本日を過ぎると、この記事は下の方に流れていきますので、過日、表を参照したい場合は、【カテゴリー】の一番上をクリックして下さい。


(zatugaku sp2--yumeneko note)

猫年齢換算表 |  -- trackback  |  -- comment  
猫の一生 
 2007/09/27 Thu 00:00:00  Edit
■生後10日まで
だいたい100g前後で生まれる。生まれたときは嗅覚しかない状態。
仔猫は、嗅覚だけを頼りに母猫の乳首を探し当ててお乳を飲む。たっぷりと乳を飲んで順調に育つと、1週間で体重は2倍になり、目は、10日目くらいから徐々に光を感じ始める。

■生後10?25日
順調に育つと、1週間に約100gずつ体重が増えてくる。目は、14?20日ほどで完全に開き、20日を過ぎた頃から視力が発達する。
耳もだんだん立ってきて、2?3週間で聞こえるようになる。
3週目を過ぎた頃から乳歯がはえ始める。

■1?2ヶ月
4週目を過ぎると離乳期に入る。この時期、猫の嗜好性が決まる。
猫は、この時期に覚えたものを一生の好みとする傾向があるので、仔猫が喜ぶものばかり与えていると、後々変更が難しい。いろいろな種類の良質のキャットフードを適宜与えるようにしてほしい。人間用に調理された食べ物は、猫には塩分が高過ぎるので、基本的に厳禁である。

■2?6ヶ月
目に見えて日に日に大きくなっていく時期。動きも活発になり、食事も大人と同じモノを食べるようになる。この時期に乳歯が抜けて、30本の永久歯がはえそろう。

■6?12ヶ月
仔猫のあどけなさを残しながらも確実に成長は続き、8?10ヶ月で初めての発情期が来る。
オス猫は7ヶ月目くらいから、メスよりも広範囲な行動をとるようになり、スプレー(マーキングともいうオシッコとばし。縄張りを主張するニオイ付け)を始める。

■1?7年
若くて活動的で、もっとも元気な時期。不妊手術をしていない自然な状態では、繁殖力が活発な時期。春がもっとも大きな発情シーズンだが、それ以外の時期でも繁殖は可能。猫の妊娠期間は約2ヶ月。一度に生む仔猫の数は3?6匹。

大人猫の平均体重は、雌は3kg、雄は4kg前後と言われているが、実際は、4kg代の雌猫、6kg代の雄猫もめずらしくない。
去勢・避妊手術をすると太る傾向にあるけれど、最近は洋種が混ざった猫も多く、また栄養面が良くなったこともあり、人間と同じで、大型化傾向にあるようだ。メスでも、3kgなんて小柄な感じがするくらい。

■7?12年
老化現象は個体差があるけれど、このくらいの時期から、少しずつ老いの兆しが見えてくる。繁殖能力及び運動能力の低下、歯が弱る、白毛が増える、毛艶が悪くなる……などなど。
※猫も白髪になるのです?。白猫は全然わからんけど…(^^;

■12年以上
あまり動かず、寝ている時間が多くなる。歯が抜けたり折れたりする。
今では15歳以上の猫もめずらしくない。でも確実に老いの衰えがあるはず。老猫に負担のない食事管理、やさしい環境を作ってあげて、充分注意をはらってあげたい。

■20年以上
これはもうあっぱれと言うしかない。それまでたくさんの思い出を作って、飼い主を癒してくれた大切なお猫さま、老後を安泰に過ごしてもらうために、ひたすら大事にしてあげよう。
ちなみに、猫の世界最高齢の記録は、イギリスの猫 “Puss”で、36歳と1日生きたという。1903年の11月29日生まれで、1939年の誕生日の翌日に亡くなったと、記録に残っているそうである。

******************************
ごく簡単だが、生まれてから老いるまでの、猫の一生をまとめてみた。
これは、特に大きな病気もせず、健康に過ごした場合の例である。
虚弱体質の猫もいるだろうし、案外早く、腎不全(猫に非常に多い病気)や肝機能不全が現れるかもしれない。その猫の体質的なものが左右すると思うので、病気の発症は個体差が大きい。
うちの獣医は、「どのくらい丈夫な腎臓をもっているかで、その猫の寿命が決まると言っても過言ではない」と言った。そのくらい、猫の腎不全は宿命的なものである。
老齢になってからではなく、日頃から充分気遣ってあげよう。猫は腎臓や肝臓を悪くしやすい動物であることを肝に銘じておこう。食事は塩分過多に注意。基本的に、人間用の食べ物は厳禁。


(zatugaku sp1--yumeneko note)
猫の一生 |  -- trackback  |  -- comment  
再スタート 
 2007/09/26 Wed 20:07:45  Edit
頑張るじょ?♪

[ゆめ猫ノート] はURLが変わりました。再スタートであります。
相互リンクしていただいているお友達のところにはこれからご挨拶に伺いますが、とりあえずここでご報告致します。猫雑学的メモなど、猫に関する記事だけは、少しずつ書き直して復活させるつもりです。
改めて、[ゆめ猫ノート] をよろしくお願い致しますm(_ _;)m
お知らせ |  -- trackback  |  -- comment  
データ喪失 
 2007/09/24 Mon 15:32:40  Edit
私は、とんでもないことをしでかしてしまった??(●o○;)
何と、大事な[ゆめ猫ノート]のデータを間違って削除してしまった。
ガビ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!
つまり、ブログそのものがぶっ飛んだのであります( ̄ー ̄;汗
何でまた?…などと聞かないで下さい。(誰も聞いてないって?)
2年半分のデータが一瞬でふき飛んだ悪夢に茫然自失…。取り返しがつかないことをしてしまった……。ものすごいショック。こうなったらもう……
笑うしかない(T▽T)あはは♪

てなわけで、また一からやり直しであります(ーー;) 

ワンクリック、注意1秒、後悔一生。データぶっ飛びます(T0T)
Memo’s Memo |  -- trackback  |  -- comment  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。